読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語圏から見たμTRON。

の感想を見つけた。

The μTRON Keyboard - a terrifying new form of Japanese brain torture
http://www.techdigest.tv/2008/12/the_tron_keyboa.html
It's no doubt been designed based on some sort of study that says it should actually be easier to use in the long term, but it'll take you at least 18 months of constantly muttering swear words under your breath and deleting things before you can type a single sentence properly.

「μTRONキーボード - ニッポンの新しい拷問のカタチ」*1
タイトルからすごいやね。
「長期的には使いやすいけれど、最低18ヶ月間は、罵り言葉をぶつくさと呟き続け、一つのセンテンスを正しく入力し切れるようになるまで、入力したものを削除しまくって下さいね。」
みたいな感じ。
多分この人は、K下辺りでスペースバーを打つのが癖になってて、スペースのつもりで打つと全部後退になってしまう、てことなんだろうね。


コメント欄には、
「ウェブ空間汚してんじゃねぇよ、キーボードのこと分からねぇんなら黙っとけよカス」
てポストが。

                                                                                                        • -

μTRON Keyboard Is Messing With Tradition
http://www.ohgizmo.com/2008/12/01/utron-keyboard-is-messing-with-tradition/
why on Earth would you move around all of the non-QWERTY keys? ALT is now sitting to the left of the A key, PgUp, PgDn, Home and End are now sitting way over on the left side of the keyboard, and the space bar looks to be smaller than your average Enter key! Baffling.

「何でこんなに機能キー群をあっちゃこっちゃ動かさにゃならんのじゃ。スペースバー小っさいし何コレ」
記事タイトル?の mess with は、辞書引いてみたら、「(分かりもしないのに)いじくりまわす」とか言う意味で、まぁ全体的には「酷いもんだよね」ってニュアンスの記事。
最後のほうには、「高っかいし、誰が買えるんだよこんなもん」みたいに結んでいる。

                                                                                            • -

記事タイトルもずばり「このレイアウトはないわ」。

μTRON Keyboard and Its Impossible Layout
http://en.akihabaranews.com/20819/legacy-unused/pc/tron-keyboard-and-its-impossible-layout
What so special about it? Take a standard QWERTY keyboard, split it in half, move the Del, Tab, Ins and Enter Key to the middle, the space bar to the left and there you are… Don’t believe me? See for yourself below!

「何が特別って?フツーのキーボードを半分に割って、DelとTabとInsとEnterを真ん中に持ってきて、スペースバーを左端に追い込んで、ってやってみろよ…信じられん?じゃ、自分で見てみろよ、リンク張っとくから。」

                                                                                            • -

「 三つの言語を使えるのが trilingual、二つの言語を使えるのは bilingual、一つしか使えないのは American」
なんて冗談もあるぐらいで、他の言語の事情なんか知ったことか、ていう態度が、よく現れてはいる。

*1:別案「恐ろしや、脳を虐めるニッポンの新しい拷問のカタチ」