読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツマー

勝間和代という人の本は、自己啓発系にまるっきり関心がない私のこと、1ページたりと読んだことはなく、ただweb上で、いろいろな入力方法を試した末に、親指シフトにたどり着いた、とかいうまとめを読んだことがある程度。
勝間さん自身が、それによってその分野で活躍してる、てのはいいと思うんだけど、勝間本を読んで親指シフト導入してみました、て人って、どうかと思うんだよなぁ・・・・・・。
確かに、親指シフトの導入によって、いろいろとコスト効率は向上すると思うのだけど、勝間さんがうまくいっている、てのは、従来の入力方式に疑問を持つだけの敏感さがあって、それを探求して自分なりに最適な解を見つけようという意志が持てて、そのための努力を惜しまなくて、ていう、そういう総合的な問題解決の態度や能力があるからああなれるわけで、「いいらしいよ」だけでライフハック的に「やってみました、エヘヘ」なんていうまったりで年収10倍とかあるわけねーだろ、とか思うわけで。そういう人が大勢いて、売れそうな情報を提示する、てのも、勝間さんの戦略だってのもそんなに考えなくても分かりそうなものなんだけど、こういうことって言わない方がいいのかなー。
繰り返しますが勝間本は1ページたりと読んでませんので、あくまで本人に対する感想などではなく、現象に対する勝手な感想である点にご留意のほどを。