読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【蜩配列】拗音省入力を調整。

・「 ゛ゃ/ ゛ゅ/ ゛ょ」と「やゆよ」の関連づけを取りやめ。


どうも、記憶負担にはあんまり関係なかったみたい。
それよりも全体のバランスが崩れる弊害の方が大きかった。


むしろ指の動きとの連想の方が記憶負担軽減には役立ちさうな気がしたので、取り敢へずそのやうに調整。


「ょ」は清濁ともに中段人差し指。
「ゃ」は清濁ともに人差し指中段以外
「ゅ」は清濁ともに薬指
(かうてしておけば、指ごとの頻度は変はらない。配列の基本デザインを乱さないためには、各指頻度のバランスは結構重要ぽい。)


一方で、拗音省入力に合はせてローテーションしてみた「ゆよめねろ」については、
・下段人伸ウラはとにかく軽くしたい
ってところでどうしても調節出来なかった。

(調整後;全体)


拗音省入力にも、少しづつ慣れてきてるぞ。

「しゃ」「しゅ」「しょ」etc.が1打で出てくるのが大変気持ちいい。

なんか手癖も変はってきてる。 「しゃ」etc.を2打で打ってる時には、自づとアルペジオっつかなるべく早く打って、拗音以外の所もテンポを均さうとしてたのが判った。

拗音省入力にすると、1打1打を規則的に ポッポッポッポッポッポッ…… っと、ややゆっくり目に打って行くのに、抵抗がない。

まだまだ配列自体の練習が十分でなく、スピードもまだま出せないせゐもあるのかも知れないが、いまの所は顕著な変化だ。