読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【歴アル】練習ツイート、今朝のぶん。

rek̭-si-tek̭-alphabet ṋúr̭ok no ren-s̭ú, φararabi.

歴史的アルファベット入力の練習、〔編註; φutatabi って売ったつもりが、かうなってゐた。イミフー〕


kan-go no hei-on-set no hei-si-in ga, "-ti, -ki" no toki ni, jó-on-jó no "-k̭, -ṱ" wo tukaφu, 'teno φa doukasira.

漢語の閉音節の閉子音が、「ち、き」の時に、拗音用の"-k̭, -ṱ"を使ふ、てのはどうかしら。


φitomo wosi φitomo uramesi adikinaku jo wo omoφu juwe ni mono omoφu mi φa
RT kobunkanbun_bot:
人もをし人も恨めしあぢきなく 世を思ふゆゑに物思ふ身は

accent below wo tuketa si-in-zi, nante ko-só seu?

"jó-on-ka si-in"
mosikuφa,
"kó-gai-ka si-in" ?

アクセント・ビローをつけた子音字、何て呼称せう?
拗音化子音、もしくは、口蓋化子音?


h̭ó-on-tek̭ na ku-hú wo φodokosita, h̭ó-i mozi h̭ó-ki, h̭ó-i-tek̭ na kuhú wo φodokosita, h̭ó-on mozi h̭ó-ki.

表音的に工夫を施した表意文字表記、表意的に工夫を施した表音文字表記。



go-ṱú de tan-dok de on-sets wo kei-sei suru "/i/"-on wo, "y" no simbol de araφasu, toiφu no φa, douka.
"simbol" 'te (www haduj...

語中で単独で音節を形成する /i/音を、"y"のシンボルで表す、といふのはどうか。



alphabet de nihon-go wo tuduruto, ja'pari "doko de kugiru no ka" no han-dan ga, mudukasij.

アルファベットで日本語を綴ると、やっぱり「何処で区切るのか」の判断が、むづかしい。


"φi no moto" to jamato-kotoba de iφazu, "ni-hon" to kan-go de iφu no ga, ni-hon-tek̭.

「ひのもと」と大和言葉で言はず、「にほん」と漢語で言ふのが、日本的。


gai-rai-go, moto ga Latin-alphabet de kakaretewiru baaφi φa, moto no tuduri de narubeku kakau to sitewimasu ga, jaφari róma-zi to mazarimasu.

外来語、元がラテンアルファベットで書かれてゐる場合は、元の綴りでなるべく書かうとしてゐますが、やはりローマ字と混ざります。



"alphabet = h̭ó-on-mozi = φanasi kotoba" mitajna ren-só ga aru to omoφimasu ga, kausite zis-sai ni tudu'te miruto, musiro totono'ta kaki-kotoba wo, motiwitaku narimasu ne.

h̭ó-on-mozi de h̭ó-on-tek̭ ni tuduru to, kaφe'te wakariduraku na'te, musiro h̭ó-i-tek̭ na h̭ó-ki wo si-kó suru, toiφu paradox.

アルファベット=表音文字=話し言葉、みたいな連想があると思ひますが、かうして実際に綴ってみると、むしろ整った書き言葉を用ゐたくなりますね。
表音文字で表音的に綴ると、却って分かりづらくなって、むしろ表意的な表記を指向する、といふパラドクス。