読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史的アルファベット表記なんてものを、考へてみたよ。

いはゆるローマ字、行段指定で音節を表すものだが、それを歴史的仮名遣ひをベースにするとどうなるか、なんて発想で。

やってみると気づくのだけど、表語性を重視する歴史的仮名遣ひ、と言っても、「表音的な工夫」といふのは相当含まれてゐるし、また、漢字仮名交じり文そのものが、漢字の「視認性の良さ」を利用して、表意性ばかりでなく「語の系統」をまでもある程度表現してしまふ部分も結構大きい。
これらの効果も含めると、歴史的仮名遣ひをただローマ字転写しただけではあまり面白い(意味のある)ものにはならないみたいなので、色々工夫をして、単純な転写以上のものを、考案しててみた次第である。

以下、ツイート練習記録。



rekisi-teki alphabet-ṋúr̭ok no ren-s̭ú-ṱú desu.

kan-go ga oφoku naruto , nakanaka mudukasij desune.

daitai, jomenaj koto mo naj desune.

歴史的アルファベット入力の練習中です。漢語が多くなると、中々難しいですね。大体、読めないことも無いですね。


hukakigó nado no kisoku. 

[si-in] circumflex below;
jó-on-zi wo araφasimasu.

[bo-in] acute;
ṱó-bo-in wo araφasimasu.

[sok-on] apostrophe de araφasimasu.

付加記号などの規則

[子音] サーカムフレックス・ビロー
 拗音字を表します。
[母音] アキュート
 長母音を表します。
[促音] アポストロフィで表します。

sok-on wo apostrophe h̭óki ni suruno φa, ja'pari ṱo'to jominikuj kamo sirenaj...

dou de seu ka...

促音をアポストロフィで表記するのは、やっぱりちょっと読みにくいかもしれない…
どうでせうか。 


ṱó-on φa, h̭ó-on-teki ni φa acute accent de araφasimasu ga, wa-go deφa ki-hon-teki ni, reki-si-teki kanadukaφi ni sitagaφimasu.

sau (=só)
kau (=kó)

seu (=s̭ó)

siu (=s̭ú)

長音は、表音的にはアキュート・アクセントで表しますが、和語では基本的に、歴史的仮名遣ひに従ひます。


kan-go h̭ó-ki φa, teki-tou desu.

zi-on-kanadukaφi φa roku ni manande wimasen node, joku wakarimasen si.

漢語表記は、適当です。字音仮名遣ひは禄に学んでゐませんので、よく分かりませんし。




iroiro tamesime mite kanzitano desu ga, gen-kou no róma-zi h̭ó-ki deφa, ''on-setu'' no kan-kak ga, joku wakaranaku na'te simaφuno desu ne.

róma-zi s̭ú-gi-s̭a ga ganba'te s̭u-ṱó site mo, imaiti φajaranaj ri-jú no i'tan ga, mijeru kigasimasu.

色々試してみて感じたのですが、現行のローマ字表記は、「音節」の感覚が、よく分からなくなってしまふのですね。
ローマ字主義者ががんばって主張しても、いまいちはやらない理由の一端が、見える気がします。


tokorode, iφajuru ''i-on-bin'' wo, zan-tei-teki ni ''j'' de toziru ''hei-on-setu'' tosite atuka'te wimasu ga,

koreφa, ijno jara warujno jara, mada φa'kiri simasen.

ところで、いはゆる「イ音便」を、暫定的に "j" で閉ぢる「閉音節」として扱ってゐますが、これは、いいのやら悪いのやら、まだはっきりしません。


reki-si-teki alphabet ṋú-r̭ok, TL-z̭ó de nagamete mitemo, ja'pari batu-gun ni si-nin-sei ga waruj desu ne...

歴史的アルファベット入力、TL上で眺めて見ても、やっぱり抜群に視認性が悪いですね…。



tegaki deφa, kan-zi maziri mo tamesite mimasita ga, alphabet to kan-zi no kon-zai ha, jaφari i-wa-kan ga sugoj to omoφimasita.

ka-na to kan-zi, betu-betu no mozi-taikei no jau de wite, sonozitu sin-wa-sei φa hi-jó ni takajnoda na, to omoφemau ne.

手書きでは、漢字混じりも試してみましたが、アルファベットと漢字の混在は、やはり違和感がすごいと思ひました。


IME set-tei wo idiruno ga men-dó nanode, modosanai.

IME設定が面倒なので、戻さない。

k̭ú-kanadukaφi ga kimotiwaruj, nante joku iφareteru keredo, kono h̭ó-ki ni kurabetara, nante koto φa naj deseu ()

旧仮名遣ひが気持ち悪いなんてよく言はれるけれど、この表記に比べたら、なんてことはないです()


(hai-retu-zu)

[dósú-side-shift] ; w/diacritic

[normal-shift] ; Capital

[cross-shift] ; Capital w/diacritic

(配列図)
[同手シフト] 付加記号付き
[ノーマル(小指)シフト] 大文字
[クロスシフト] 付加記号付き大文字

QWERTY-hai-retu ni, "φ" dake, tui-ka.

φazime φa caron wo tukaφu tumori da'ta ga, subeteno moji ni tukaφeru ki-gó ga φoka ni naka'ta node, circumflex below ni kaφeta.

maa, nita jauna monodesu.
toku ni hu-man φa nasi.

madu tukaφanai mo-zi nimo, circumflex below wo tuketemita kedo, maa, ja'pari, tukaφamai ja.

QWERTY配列に、"φ"だけ、追加。
はじめはキャロンを使ふつもりだったが、すべての文字に使へる記号がほかに無かったので、サーカムフレックス・ビローに変へた。
まあ、にたやうなものです。特に不満は無し。
まづ使はない文字にも、サーカムフレックス・ビローをつけましたけど、まあ、やっぱり、使はまいや。

"φ̭ " 'te, itu tukaφu kana..

"φ"って、いつ使ふかな…

φ̭o'toko

φ̭u'

φosi φiuma


o, mo, φi~~
ko--n da--a ra~~~

si--ren~~~ no--
mi--ti~~~wo~~~

ju--ku φa~~~
oto---ko no~~~

do--kon~~~jo~~~~o~~~~

"φ" φa ki-hon-teki ni, wa-go ni motiwiru.

"h" φa gai-rai-go ni motiwiru.

onomatope φa, dou seu??

"φ" は基本的に、和語にもちゐる。"h" は外来語に用ゐる。
オノマトペは、どうせう?

φo', φo', φo...

ho', ho', ho..

φ̭o', φ̭o' φ̭o...

r̭ó-sin-on φa "f" de ij kana...?

両唇音は "f" でいいかな?

fo' fo' fo...

φo' φo' φo'...

h̭a'haaaa~~~~!!!

h̭a''''haaaaaaa~~~~~~~~!!!!!!


he he he...
φe φe φe...
fe fe fe...

sorosoro kana ni modosukana, toka omoφukedo, IME idiruno mendokusaj (2kai-me)

そろそろ仮名に戻すかな、とか思ふけど、IME弄るのめんどくさい(2回目)

rek-si-tek alphabet ṋú-r̭ok (kari) wo, sonomama kana-hen-kan sitekureru IME ga φosij ga, sonnamono φa naj.

kanasimi.

歴史的アルファベット入力を、そのまま仮名変換してくれるIMEが欲しいが、そんなものはない。

alphabet asobi mo tanosij keredo, TL nagameteru to, ja'pari kana to kanzi no kaφairasisa ga totemo itoφosij desu.

アルファベット遊びもたのしいけれど、TL眺めてると、やっぱり仮名と漢字の可愛らしさがとても愛ほしいです。