読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなでます。

ローマ字入力、てやっぱり、どこまで行っても、一次元の操作なんだな、という感じがします。奏でたいのは和音なのに、アルペジオにせざるを得ない、もどかしさ、というかなんというか。正解は正解なんだけど、ある意味ぜんぜん外しているというか・・・・・・。
ということは、なるほど、親指シフトやってる快感は、そういえばビオラ重音を弾くときの、あの「ジュッ」ていう快感にそっくりなところがある。ひとつの同じ音程でも、別の音程と組み合わせると、リアリティとしては全く別のものになる。「k+a =か」という論理的整合性は、仮名というリアリティの前には、さしたる重要性を持たない、という。

まとめ。
仮名を奏でます、親指シフト
なんちゃって・・・・・・。