親指シフト

鍵盤文字入力、親指シフト、お脳の健康などに関する、とある私信。

私信で鍵盤入力云々について解説する文章を書いてて、それが割りと上手く、自分にとっての親指シフト方式のメリットを上手くまとめることが出来たので、一部改変の上、ちょっとここにも置いておくことにする。(ちゅーかこんな長々鬱陶しいものは先にこっち…

ツイートまとめ。μTRONで親指シフト(NICOLA配列)。

μTRONで親指シフト(NICOLA配列)、だいぶ慣れてきた。最初、一見凄くよさそうな位置にある変換無変換を親指シフトキーとして使ってたら、肩から背中から腰から歪みまくりのものすごいグロッキーとまらない☆状態で、TRON配列と同じにしたら脱出できた。要研究…

μTRONで親指シフト。

あれやこれや考えながらμTRONキーボード環境をいじってたら、「NICOLA配列(いわゆる親指シフト)をこのキーボードで習得しなおさねば!」という根拠のない確信めいた気分?になって、このごろ絶賛練習中…つっても同じ親指シフト系のTRON配列でしばらく浮気…

NICOLA配列とTRON配列を比べてみる。

NICOLAとTRONでの頻度評価の比較をしてみよう、てことで、両者の配置の対応関係を図にしてみた。まず、NICOLAにおける高頻度評価を色づけ。 上・中段(上小裏を除く)を高頻度、他を低頻度として扱う。(異手シフト面の評価は省略) 同じ文字をTRON配列上で同…

親指シフト、宇宙へ。親指シフトクリンゴン語入力ww

「はじめてのクリンゴン語」、到着。開封してびっくり。 パッケージらしき姿が見当たらない。よく見るとCDケースをプチプチビニールに包んだだけのものに、納品書とユーザー登録云々の紙が2枚。そういえば、Amazonでは「予約販売」てなってたっけ。 そして、…

.読書メモ "THE MIND'S EYE"

無性に読みたくなったのに何故か行方不明だったUncle Tungsten: Memories of a Chemical Boyhoodの代わりにと思って、The Mind's Eye作者: Oliver Sacks出版社/メーカー: Picador発売日: 2010/10/01メディア: ペーパーバック購入: 1人 クリック: 5回この商品…

VAIO P で親指シフト。再

HHK Lite2を買ってから、しばらくそっちばっかりで親指シフトの練習をしていたのだが、改めてVAIO Pのキーボードでやってみたら、やっぱりものすごくしっくり来るんだよな。 限界まで浅いストロークで行う親指操作のさりげなさ。 静まりかえった図書館でも全…

HHK、ハマるかも…。

昨日中古で買ったHHK Lite2、自分にとっては巨大すぎる19ミリピッチ、という不安も何のその、妙に快適に親指シフトが出来るので、どうしてだろうと考えたところ、いくつか思い当たることがあったのでメモ。 ①手前のキーほど低くなっているので、指を寝かし気…

HHK Lite2 を買ってみた。

古道具屋に珍しくHappy Hacking Keyboard Lite2美品など出ていて、そういえばこういう「ふつうの」キーボードって持ってなかったな…と思い至って、試しに買ってみたのであった。(あと6月からすこし共用パソコンでの入力業務が発生するので、QWEロマかなの練…

最近親指シフトが。

年明けぐらいからかなぁ、親指シフトの配列が、ほとんど全く思い出せなくなった。 といっても、入力が出来なくなったのではなくて、より純粋に頭の中の音から指の動きが呼び出されるようになり、反対に、平面上の仮名の並びが、果たしてどんなだったかと、は…

DE-SK-86記

キーピッチが17.5mmということだが、以前に店頭で触ったネットブックの17.5mmや、最近届いたもう一つのキーボードTK-FDP021なんかと比べても、サイズ的には大分しっくり来る感じがあり、なんでかな、これはもしや…と思って測ってみたら……案の定、公称値とは…

tanomi.com リクエスト『デジタルメモ「ポメラ」の親指シフトキーボード版。』

かえでさんのブクマで知りました。 tanomi.comのリクエストページ(?)。アナウンス、というわけでも無いけど…。少しでも話題にしたく。 http://www.tanomi.com/metoo/r/?kid=86356 リクエストタイトル デジタルメモ「ポメラ」の親指シフトキーボード版 個…

OASYS

どうでもいいっちゃ、いいんだけど…。 コンピューター博物館/【富士通】 OASYS 100 http://www.ipsj.or.jp/museum/computer/word/0004.html富士通初の日本語ワードプロセッサで,1980年5月に日本語電子タイプライタとして発表された. なんか、私の誕生年月…

勝間さんと親指シフトと。

めづらしく親指シフト雑感2連発。 ぎっちょんさんの親指シフトブックマークにも度々現れる、勝間さんと親指シフトについて言及した記事。 勝間さんの真似をして、勝間さん「みたく」親指シフトに変える、て感じの記事が大体ほとんどだが、別に「勝間さんみた…

Re:親指シフトとピアノの違い(@倉庫)

ぎっちょんさんとこの猿真似をして遊んでみる。ちょっと話題もずれるし、コメントではなくとりあえず自分のところにメモ程度に。 http://thumbshift.blog108.fc2.com/blog-entry-15.html 手全体がの動きが制限されてし(ま)う のところだけど、NICOLAの場合…

雑感

某飲食店にて。勉強(?)と明日の準備の合間(?)に。 VAIO Pに入れておいたWWAN、本来はキャッシュバックという名の分割払が目的であったが、我が家のルータが不調になったのをきっかけに、使用の全面解禁することにした。 Pさん、キーボードが段ズレ不均…

タイピングのしあはせ?

ヘッドホン届いてから、ちょっと集中的に音楽を浴びすぎて、精神的にだいぶグロッキーに。 そこでとても役立ってくれたのがこちら。バッハ:ヨハネ受難曲アーティスト: 18世紀オーケストラ,オランダ室内合唱団,ストゥンフィウス(アンネヘール),ジグムンドソン…

おお!ついに!

携帯型親指シフトキーボード、予約開始の様子。 http://www.saccess.co.jp/shop/product.php?P=FKB7628-801 1.5万てのは、よくやってくれましたね。 これ、個人的には「ぱっと見かなりいい感じ」で、非常に購買欲をそそります。ただのコンパクトキーボードし…

連続シフトメモ7

連続シフトに慣れてくるに従って、親指の機能を整理したい要求が強くなってくる。 カタカナ変換は、結局、小指LShiftにSpaceを重ねて対応。Spaceのことも含め、使用頻度的にもちょうどいい具合、といったところ。 併せて、かな/カナ順変換を無変換に割り当て…

文字入力、

て言うけれど、コンピューターに情報が打ち込まれていく、というところを見れば、確かに入力なんだけど、キーボード打ってる人間の側から見たら、どっちかっていうと、感覚的には文字「出力」という感じが、私の場合、するですね。 特に親指シフトに移ってか…

連続シフトメモ・おまけ

連続シフトNICOLAで、劇的に打ちやすくなった単語。 わざわざ これはqwertyで最も打ちにくい単語と私が考えているもので、通常のNICOLAでも、まだ打ちにくい部類に入ると思う。 (追記) そういえば ざわざわ も同じですね…

連続シフトメモ6

「親指シフトが同時打鍵に判定される時間範囲」を30に設定してしばらく試してみたところ、今度は、「アンシフト+変換動作」となることが、しばしば出るようになった。つまり、同時打鍵の遅延吸収に間に合わなくなった、ということ。 で、40にしてみると、は…

連続シフトメモ5

連続シフト始めてから、シフトの「先出し」をする癖が出てきたことに気づいた。そんなにしょっちゅうではないのだけど、モタついたときなど、これが、後出し吸収のための遅延判定に引っかかって、目標文字のひとつ前の文字に吸収されることがあり。設定画面…

連続シフトメモ4

何となく、ATOKを入れてみたりした。なんで、ていうと、なんとなく、としかいいようがない。ただ、何となく、JAPANISTよりこっちの方がいいような気はする。これもまた、具体的な理由が全然浮かんでこないのだけれど。まぁ、変換精度は、こっちの方がいいし…

連続シフトメモ3

あんまり親指の連続シフトを意識しながらやってしまうと、「ただ」とか、4指が連打になる部分で、そちらの方を押さえっぱなしにしてしまうミスが、ちょくちょく出現。 「親指押さえっぱなしミス」が昔出ていたころは、こういうことはなかったから、多分いつ…

連続シフトメモ2

連続シフト導入して、劇的に打ちやすくなった単語、二つ。 親指シフト キーボード ・・・て・・・。

連続シフトメモ1

昨日もさぼっていたし、まだ何時間も練習はしていないのだが、いまのところはまだ、混乱が増えた状態。 いつもの通り、体の一カ所の使い方を変えると、全体のバランスが乱れてくる。これは、Enter とか BS の位置をいろいろ試していた時にも、良くあったこと…

NICOLAで連続シフト。やまぶき、入れてみました

ぎっちょんさんのところhttp://thumb-shift.txt-nifty.com/contents/2010/04/re-2-2277.htmlでコメントしたら、相沢かえでさんにやまぶきについて一言いただいたので、この際ということで、話題の親指シフトエミュレータ「やまぶき」、入れてみました。IMEは…

カツマー

勝間和代という人の本は、自己啓発系にまるっきり関心がない私のこと、1ページたりと読んだことはなく、ただweb上で、いろいろな入力方法を試した末に、親指シフトにたどり着いた、とかいうまとめを読んだことがある程度。 勝間さん自身が、それによってその…

入力速度

仮名入力が、ロマかなよりも高速で入力できる場合があるとすれば、入力する文章と配列が上手く噛み合って、「ワンアクション1.5かな」が高確率で実現できるとき、だろうか。 「ワンアクション1.5かな」とはつまり、ひとつのキーの打鍵を終えるときには、すで…